6カ月以下でも「ひきこもり」 家族会、新定義を提言

NPO法人「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」は12日、厚生労働省が示すひきこもりの定義を見直す提言を発表した。同省の定義は「原則6カ月以上、おおむね家庭にとどまり続けている状態」としているが、期間を撤廃し、「支援が必要とされる程度に生活上.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録