【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】飛躍(6-2)バブルの後始末に遅れ

内閣官房副長官の事務引き継ぎを終え、首相官邸を去った大島理森氏。左は共に副長官を務めた石原信雄氏=1991年11月8日
 ―海部政権をどう評価しますか。 リクルート事件の後に海部首相が出現したというのは、時代の要請だったと思います。90年2月の衆院選に勝たせてもらい、自民党再生のきっかけを作るという責任をしっかりと果たしてくれました。 歴代首相の評論みたいな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録