八戸の漁船がエンジン故障 六ヶ所沖

八戸海上保安部によると、10日午後9時25分ごろ、六ケ所村のむつ小川原港から東に約10キロの沖合で、出漁していた底引き網漁船「第8正進丸」(125トン、15人乗り組み)=八戸市の丸吉所有=から、「エンジンが停止し、漂流している」などと八戸海.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録