【青森県春季陸上】フォーム改良が奏功、大会新/男子100の灰玉平

男子100メートルは、灰玉平侑吾(八学大)が10秒39の大会新で優勝。日本学生個人選手権の標準記録(10秒50)もクリアし、出場権をつかんだ。「予想よりも早いタイムで驚いた。本当にうれしい」と笑った。 今季はフォームの改良に取り組んでおり、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録