漁業資源回復へ、海底耕す 水産庁、手法確立を支援

 海底耕運をするため、海中に投下した鉄製の専用器具=2020年5月、兵庫県沖の瀬戸内海
 海底耕運をするため、海中に投下した鉄製の専用器具=2020年5月、兵庫県沖の瀬戸内海
沿岸海域でタコやノリといった水産資源の回復を目指し、海底を掘り起こして水中に栄養分を拡散させる「海底耕運」の取り組みが広がっている。10年以上続ける兵庫県の漁協組合では、一部の海域で漁獲量が回復した魚種も確認された。一方で経験と勘に頼る部分.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録