【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】飛躍(5-2)「重大決意」も解散断念

政治改革関連法案の廃案を受けて会談する各党の国会対策委員長。左から民社・神田厚氏、社会・村山富市氏、自民・梶山静六氏、公明・神崎武法氏=1991年10月1日
政治改革に関する法案を党議決定する総務会は6月28、29日の2日間にわたった。強い反対が残る中で、最後は西岡武夫総務会長が質疑を打ち切って了承を宣言。その後も反対派が無効を主張して混乱は続き、最終的に7月9日の総務会で決定が再確認された。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録