金利差拡大、円安加速も 日本経済圧迫の恐れ/米、金融引き締め強化

米連邦準備制度理事会(FRB)は4日、インフレ阻止に向け、金融引き締めの強化を決めた。大規模な金融緩和を続ける日本と米国の金利差が一層広がり、円安が加速する恐れが強まってきた。原油など原材料の輸入価格のさらなる高騰を招き、日本経済を圧迫しか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録