Free洋野の特産品、イベント多彩に おおのキャンパス一人一芸交流祭、4日まで

大野高吹奏楽部の演奏で開幕した「おおのキャンパス一人一芸交流祭」
大野高吹奏楽部の演奏で開幕した「おおのキャンパス一人一芸交流祭」

洋野町のおおのキャンパスで3日、町民らによるパフォーマンス披露や特産品販売を展開する「おおのキャンパス一人一芸交流祭」が開幕した。町内外の来場者が多彩なイベントを楽しんでいる。4日まで。

 開会に先立ち、岩手県立大野高の吹奏楽部がドラマ主題歌などを演奏した。岡本正善町長が「町自慢の特産品や芸能を存分に堪能して」とあいさつし、関係者がテープカットした。

 首都圏在住の同町大野地区出身者でつくる「東京大野つばさ会」(福島義雄会長)がウクライナから同町に避難した4人に対し、義援金15万円を寄付した。

 避難した4人は同町(旧大野村)出身で第2次世界大戦後、ウクライナで生存が確認された元日本陸軍兵士の故上野石之助さんの親族。福島会長は「大野は上野さんとゆかりのある地域。生活に役立ててもらえれば」と話し、岡本町長に義援金を預けた。

 4日も大野木工や農産物、地元素材の総菜や菓子類などを販売する中庭市を開催。特産品抽選会や芸能発表も予定している。

………………………………………
※地域のニュースはデーリー東北で。アプリはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録