原発事故対応の医師3人 初期治療、健康管理 全国へ派遣、国は拡充要求

 東京電力福島第1原発の敷地内で作業員を診察する各地の医師ら。医療支援のため福島に駆けつけた=2011年6月
 東京電力福島第1原発の敷地内で作業員を診察する各地の医師ら。医療支援のため福島に駆けつけた=2011年6月
原発事故時に作業員の初期治療や健康管理に当たるため発電所に派遣される医師は全国で3人にとどまることが2日、電気事業連合会(電事連)への取材で分かった。電事連は「事故から1カ月程度は医師を常駐させられる」と説明しつつ、2024年度にも5人へ増.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録