懇親会後に酒気帯び運転 本庁勤務の青森県職員を懲戒免職

青森県は2日、酒気帯び運転をしたとして、青森市の本庁に勤務する主幹級男性職員(48)を懲戒免職とした。 県によると、男性は3月9日午後6時ごろから10日午前0時ごろまでの間、同市内の飲食店2軒で開かれた同僚との懇親会で、ビールをジョッキで6.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録