久慈市、南相馬市に職員2人派遣へ 3月地震の復旧支援

3月に宮城県と福島県で最大震度6強を観測した地震で、久慈市は2日、復旧支援策として、福島県南相馬市に職員2人を派遣すると発表した。 派遣されるのは社会福祉課の松井端修主査、税務課の林下廉主任。期間は9~13日。現地で被害家屋の被害認定調査に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録