Free地元産ブルーベリーのソフト販売 六ケ所村観光協会が開発

六ケ所村観光協会が開発したブルーベリーソフトクリーム(右)とバニラとのミックス
六ケ所村観光協会が開発したブルーベリーソフトクリーム(右)とバニラとのミックス

六ケ所村観光協会(及川次夫会長)は、地元産のブルーベリーを使ったソフトクリームを開発し、村の特産品販売所「六旬館」で販売している。

 同協会が進める、村特産品を活用した商品開発プロジェクトの一環。村内の障害者支援施設「かけはし寮」では、ブルーベリーの100%ジュースを作っており、今回はこれをベースにした。

 価格は税込み400円。バニラと合わせたブルーベリーミックス(360円)と併せて4月中旬から販売しており、幅広い年代の客が買い求めているという。

 同協会の加藤信也事務局長は「ブルーベリーの爽やかな酸味と、バニラとの絶妙なバランスが楽しめる商品に仕上がった。たくさんの人に食べに来てほしい」とPRしている。

 六旬館の営業時間は午前9時~午後6時。

お気に入り登録