「友達と交流続けて」 駐パラグアイ大使の中谷さん、一戸小で講話 東京パラ縁

地球儀でパラグアイと日本の距離を説明しながら、交流の大切さを伝えた中谷好江大使
地球儀でパラグアイと日本の距離を説明しながら、交流の大切さを伝えた中谷好江大使
昨年の東京パラリンピックに出場した南米パラグアイのホストタウンを一戸町が務めた縁で、駐パラグアイ大使の中谷好江さん(61)が25日、同町を訪れた。町立一戸小(立柳容子校長)で講話を行い、外交官の役割や国同士の交流の大切さなどを児童に分かりや.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録