【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】飛躍(4-1)湾岸危機、貢献問われる

国連平和協力法案関連準備室のプレートを掛ける大島理森官房副長官(右)と石原信雄官房副長官=1990年10月8日
1990(平成2)年8月2日、イラク軍が隣国のクウェートに侵攻し、いわゆる「湾岸危機」が勃発(ぼっぱつ)した。海部俊樹首相をはじめ政権と自民党の主要メンバーは夏休みのさなか。妻の実家がある大阪で過ごしていた大島理森官房副長官=当時(43)=.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録