【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】飛躍(4-2)首相説得し、法案提出

船列を組んで伊豆諸島沖を航行する海上自衛隊の「ペルシャ湾掃海派遣部隊」。先頭は補給艦「ときわ」=1991年4月26日
湾岸危機の勃発から約2カ月後の10月16日、海部政権は国際的に要求された人的貢献への答えとなる「国連平和協力法案」を国会に提出した。自衛隊員を協力隊員と併任させ、新設する国連平和協力隊として海外派遣を可能とする内容だった。ただ、衆参ねじれ状.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録