Free東京のIT企業と立地協定 ライトカフェ、むつ市などと

立地協定を結び記念写真に収まる榊原喜成代表(中央)、三浦雅彦商工労働部長(左)、宮下宗一郎市長=25日、プラザホテルむつ
立地協定を結び記念写真に収まる榊原喜成代表(中央)、三浦雅彦商工労働部長(左)、宮下宗一郎市長=25日、プラザホテルむつ

青森県とむつ市は25日、ITシステム開発を手がける「ライトカフェ」(東京、榊原喜成代表)と立地協定を結んだ。同社は今月1日、市内に「青森むつオフィス」を開設しており、本年度内に地元から正社員やパート約5人、将来的には計約20人を雇用する予定。

 同社は2019年10月、雇用創出やIT人材育成による地域活性化を目指し、八戸市や札幌市、福島市にサテライトオフィスを開設。青森むつオフィスは、人工知能(AI)による文章の校閲サービスやソフトウエアの品質保証業務を担うという。

 プラザホテルむつで行われた調印式には、榊原代表と宮下宗一郎市長、県の三浦雅彦商工労働部長が出席し、協定書を取り交わした。

 榊原代表は「青森県、むつ市の地域活性化に貢献していきたい」と強調。宮下市長は「むつ市と共に一緒に成長する企業になっていただきたい」と期待した。

お気に入り登録