生活保護の地域区分見直し 厚労省検討、受給減懸念も 「消費実態」理由

 生活保護の見直しイメージ
 生活保護の見直しイメージ
厚生労働省は25日までに、生活保護費の受給基準額に市区町村ごとの差を設けている「級地」について見直す検討に入った。近年の消費実態に合わせるのが理由。全国の市区町村を六つに分けている現行の区分を、三つに整理する案が有力だ。実現すれば1987年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録