大中型船1万4500トン 前年比800トン増 今季スルメイカ漁獲可能量

水産庁は23日までに、今季(2022年4月~23年3月)のスルメイカ漁の漁獲可能量(TAC)を公表した。漁業種別の配分では、大中型イカ釣り船が1万4500トンで、過去最低だった前年より800トン増えた。 TACは水産資源の適切な保存・管理を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録