Free朝のニュースダイジェスト(4月23日)

【八戸三社大祭は規模縮小】
 八戸三社大祭運営委員会は22日、今年の三社大祭(7月31日~8月4日)について、神社行列や山車の合同運行を見送る方針を決めた。3神社の祭礼行事は執り行う。規模を縮小して開催するのは3年連続。

 【公の場で出馬を明言】
 任期満了に伴うむつ市長選(5月29日告示、6月5日投開票)を巡り、現職の宮下宗一郎氏(42)は22日、「今月中に新たな決意を市民に示したい」と述べ、公の場で初めて3選出馬を明言した。

 【階上岳が山開き】
 階上町の階上岳(標高739・6メートル)が22日、山開きを迎えた。早朝に降った雨で登山道はぬかるみ、厚い雲がかかるあいにくの天気だったが、待ちわびたシーズンの到来に、登山客は軽快な足取りで山道を進んだ。

 【ピーマン苗の植え付け始まる】
 青森県南地方でピーマンの苗の植え付けが始まった。八戸市の上野行治さんの畑では22日、家族ら7人が畝に10~15センチほどの苗を次々と植え、支柱にくくりつけた後に霜よけのシートを被せる作業に汗を流した。

 【十和田市議選の日程決まる】 十和田市選管は22日までに、任期満了に伴う市議選(定数22)の日程を、12月11日告示、18日投開票と決めた。

お気に入り登録