【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】飛躍(3-1)43歳、官房副長官抜てき

内閣官房副長官の就任祝賀会であいさつする大島理森氏=1990年4月1日、八戸市内
1989(平成元)年8月、海部俊樹政権が発足した。党内基盤が弱いため最大派閥の竹下派の協力が欠かせず、同派の小沢一郎氏=当時(47)=が幹事長に座る党側の力が強い体制となった。衆院任期満了まで1年と迫っており、解散も探りながらの政権運営。大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録