インターン実態追認、就活早期化に拍車/学業との両立懸念

 インターンシップ参加経験
 インターンシップ参加経験
就職活動の解禁前にインターンシップに参加した学生の評価を、企業側が採用活動で使うことが容認される方向になった。現行ルール上は使用できないが、これまでも企業側に活用されていたとみられ、実態を追認する形。ただ、政府が「お墨付き」を与えれば、就活.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録