選挙買収、1票1000円超? 日米、基地影響回避へ工作/68年の琉球政府主席公選

米軍統治下で初めて実施された琉球政府の行政主席公選で、日米両政府は、親米保守系の候補勝利へ工作を重ねた。沖縄県公文書館所蔵の米公文書では、沖縄自民党が1票当たり「1000~1500円」で買収をしていたとの記録もある。米銀行経由で得た多額の資.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録