伐採木の下敷き、西目屋の男性死亡

16日午前11時ごろ、西目屋村の農業男性(77)が、所有する同村田代大川添のリンゴ畑で、伐採した樹木の下敷きになって倒れているのを共に作業していた妻が発見した。男性は弘前市内の病院に搬送されたが、約1時間後、胸部圧迫による呼吸不全で死亡した.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録