避難民の要望に「マッチング課題」 一時滞在施設、津島氏が視察

ウクライナ避難民の日本国内での一時滞在施設を訪れ、子どもと触れ合う津島淳副大臣(左)=16日(法務省提供)
ウクライナ避難民の日本国内での一時滞在施設を訪れ、子どもと触れ合う津島淳副大臣(左)=16日(法務省提供)
津島淳法務副大臣は16日、ロシアの侵攻を受けたウクライナから日本に逃れた避難民を受け入れる一時滞在施設を視察した。終了後の会見で、「(避難民との)意見交換では日本語学習、日本での通学を求める声が上がった。いかにマッチングを迅速、的確に行うか.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録