【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】飛躍(2-2)海部氏浮上、河本氏断念

河本敏夫氏(左)の総裁選出馬断念と海部俊樹氏の擁立を決めた河本派総会=1989年8月2日、東京都内の同派事務所
89年7月24日に宇野首相が退陣表明した直後から始まった後継レース。総理・総裁の座に意欲を見せる河本氏にとって78歳という年齢が最大のネックとなった。一方、党内では同じ河本派でも別の名前が急浮上していた。大島氏としては、派閥で次のリーダーを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録