“幻のりんご酒”再現成功 太宰治の小説に登場

 作家太宰治の小説「津軽」に登場するりんご酒を再現した「津軽」(右)とアレンジ版「RASHO」=3月、青森市
 作家太宰治の小説「津軽」に登場するりんご酒を再現した「津軽」(右)とアレンジ版「RASHO」=3月、青森市
五所川原市出身の作家太宰治の小説「津軽」に登場するも製造工程やレシピがなく、長く“幻”とされてきたりんご酒の再現に同市の有志が成功した。「当時のまま」を目指して丁寧な調査を重ね、日本酒酵母を使用。「酸味が強めの、田舎っぽい味」に仕上がり、販.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録