【連載・十和田湖 信仰の道】(3)五戸道(下)

惣辺牧場展望台から臨む景観=2020年5月(パノラマ合成、調査チーム提供)
五戸道で月日長根を進むと、現在の惣辺牧場で七戸道と合流する。調査では、幕末の探検家松浦武四郎が「鹿角日誌」に記した大鳥居の跡地や、霊山十和田の全貌を眺望できる遥拝所の特定が進んでいる。 松浦は1849(嘉永2)年、蝦夷(えぞ)地(北海道)か.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録