マサイキリン赤ちゃん誕生、国内8頭目/宮崎の動物園

 宮崎市フェニックス自然動物園で誕生した、マサイキリンの雄の赤ちゃん(左)と母親のコユメ=4月
 宮崎市フェニックス自然動物園で誕生した、マサイキリンの雄の赤ちゃん(左)と母親のコユメ=4月
宮崎市フェニックス自然動物園で4月初旬、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)に記載されたマサイキリンの雄の赤ちゃんが誕生した。園によると、国内の飼育数は8頭目で、うち雄は6頭目。竹田正人園長は「命をつなげてくれてう.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録