【三春屋きょう閉店】店内巡り、たどる思い出 買い物客絶えず、別れ惜しむ

閉店目前の三春屋。別れを惜しむように、多くの市民が最後の買い物を楽しんでいる=9日、八戸市十三日町
閉店目前の三春屋。別れを惜しむように、多くの市民が最後の買い物を楽しんでいる=9日、八戸市十三日町
八戸市十三日町の老舗デパート・三春屋が、ついに半世紀以上にわたる歴史に幕を下ろす。「亡くなった母親に手を引かれて来ていた」「鮮魚売り場が水族館のようだった」―。閉店を前に多くの市民が足を運ぶのは、地域に愛されてきた証し。9日も買い物客は後を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録