【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】第1部 飛躍(1-2)自民公認で衆院初出馬

社会党の提出した内閣不信任案が、自民党反主流派の大量欠席で可決され、もみくちゃにされながら議場を出る大平正芳首相(右)=1980年55月16日
 ―1980年の衆院選が国政への初挑戦でした。出馬に至るいきさつを教えてください。 あれは県議2期目の1年目だったでしょうか。参院選の応援遊説のさなかに不信任案可決の報を聞いて、慌てて50分くらいかけて三戸町から八戸の自宅に車で戻ったんです.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録