「減酒」目指す外来好評 コロナ禍での飲酒増にも対応

 「飲酒量低減外来」で診察する筑波大の吉本尚准教授(左)=3月、茨城県北茨城市
 「飲酒量低減外来」で診察する筑波大の吉本尚准教授(左)=3月、茨城県北茨城市
筑波大が茨城県内の病院に開設した「飲酒量低減外来」が好評だ。断酒にこだわらず「減酒」も良しとする診療方針や、精神科ではなく総合診療科での開設がその理由で、県外から通う患者もいる。新型コロナウイルスの影響で自宅での飲酒量が増えた人は多く、担当.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録