三戸昨年12月、久慈2月 鳥インフル、北奥羽で発生相次ぐ

北奥羽地方の農場ではこれまで昨年12月に三戸町、今年2月に久慈市で高病原性鳥インフルエンザが確認されており、発生が続いている。三戸ではブロイラーの種鶏7250羽、久慈では肉用鶏4万1471羽が殺処分となった。2件ともウイルスの型は「H5N1.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録