岩手県防災ヘリの散水で消防団員骨折 岩泉の山林火災消火中

岩手県は6日、同県岩泉町で発生した山林火災を消火するため県防災ヘリコプターがまいた水で、50代の町消防団員男性が負傷したと発表した。国土交通省は航空事故に認定し、運輸安全委員会が調査を始めた。 県によると、火災は3日に発生した。防災ヘリは午.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録