カモは恐ろしい生物兵器 特別寄稿「あるロシア女性の手記」第3信(上)

 2月21日、ロシア南部ロストフナドヌーの一時避難先で、プーチン大統領のテレビ演説を聞くウクライナ東部の親ロシア派支配地域の住民(AP=共同)
 2月21日、ロシア南部ロストフナドヌーの一時避難先で、プーチン大統領のテレビ演説を聞くウクライナ東部の親ロシア派支配地域の住民(AP=共同)
ウクライナに侵攻したロシアが、核や生物・化学兵器など大量破壊兵器を使うのではないかとの懸念が日米欧で広がる。一方ロシアでは、そうした兵器を使うのはウクライナ側らしい。モスクワで働く60代の女性が、メディアの報道やうわさ話について手記にまとめ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録