基準未達に厳しい視線 スピード不足に批判も/東証新市場始動

 各市場の企業数と主な上場基準
 各市場の企業数と主な上場基準
東京証券取引所の市場再編に伴う新生3市場が始動した。最上位の「プライム」は海外投資を呼び込む起爆剤と期待されるが、上場基準に達せず経過措置を使った企業が目立ち、海外投資家から厳しい視線が注がれる。企業からは、基準の周知などを巡りスピード感を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録