【義と情と理と 大島理森が駆けた時代】プロローグ㊦2

日中関係の改善へ中国の李克強首相(右)と意見交換する大島理森衆院議長=2018年7月24日、中国北京市
―最後に。今の日本、世界にはいろいろな危機が迫っています。日本が国家として平和に成り立っていくために何が必要でしょう。 私はいつも申し上げているんですが、東日本大震災の時に日本と、国民の皆さんの力を確信しました。一種の規律の中で手を携えて、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録