東芝非上場化へ多くの関門 規制や株主、社内に慎重論

 東芝買収を巡る主な関係者と立場
 東芝買収を巡る主な関係者と立場
迷走する東芝の再建が、株式を非上場化してファンド主導の立て直しを探る方向へと動きだした。米投資ファンド、ベインキャピタルによる買収検討が浮上したためで、会社2分割案を株主総会で否決された後、初の具体案といえる。だが実現に向けては、政府が安全.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録