Free郷土愛あふれる作品40点 八戸・はっちで故三浦福壽さん仕事展

故三浦福壽さんの郷土愛や仕事ぶりを感じられる作品展
故三浦福壽さんの郷土愛や仕事ぶりを感じられる作品展

八戸市出身のイラストレーター故三浦福壽さんの仕事展が22日、同市の「はっち」2階ギャラリー2で始まった。温かみのある作品を通じ、三浦さんの仕事ぶりや郷土愛を感じられる作品展となっている。27日まで。

 妻の勝恵さんの協力を得て、はっちが企画。当初は八戸えんぶりの時期に合わせて2月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期された。

 祭り、本の装丁、イラストレーター、八戸の地図の四つのテーマを設け、計40点ほどを展示。八戸三社大祭行列や太夫の服装を細やかに描いたイラスト、本紙での連載「鮫のさんぽみち」に掲載したハマの風景画のほか、地元刊行物の装丁や鳥瞰(ちょうかん)図が並び、仕事の幅広さがうかがえる。

 作品展を担当した、はっちの佐々木唯乃さんは「三浦さんの地元愛を伝えられたらうれしい」と話している。

 入場無料。時間は午前9時~午後5時。

お気に入り登録