災害廃棄物受け入れや観光振興で連携 八戸市と住友大阪セメント、八戸セメントが協定

協定書を取り交わした(左から)大嶋信太郎社長、熊谷雄一市長、諸橋央典社長=22日、八戸市庁
協定書を取り交わした(左から)大嶋信太郎社長、熊谷雄一市長、諸橋央典社長=22日、八戸市庁
八戸市は22日、大手セメントメーカーの住友大阪セメント(東京)とグループ会社の八戸セメント(八戸市)の2社と包括連携協定を締結した。自然災害が発生した際などに出る災害廃棄物の受け入れや同市の観光振興などについて、協力体制を構築する。 協定内.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録