【新型コロナ】神奈川の独自施策、利用者1万人超 「自主療養」で医療逼迫回避

 神奈川県の自主療養の仕組み
 神奈川県の自主療養の仕組み
新型コロナウイルスの感染拡大による医療の逼迫(ひっぱく)を回避しようと、神奈川県が1月から独自に導入した「自主療養」制度の利用者が1万人を超えた。自主検査で陽性となっても、重症化リスクが低い人は医療機関を受診せず自宅療養できる仕組み。インタ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録