転入超過、わずか4町村 青森県内、人口流出続く

青森県は28日、2015年と20年の国勢調査を比較し、人口の転出入状況を把握する「移動人口の集計結果」を公表した。転入超過となったのは六戸町(超過率1・5%)、階上町(1・2%)、六ケ所村(1・0%)、西目屋村(0・5%)のみだった。県全体.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録