三沢配備は3月上旬以降 空自無人偵察機、22年度運用開始

防衛省は28日、航空自衛隊の無人偵察機グローバルホークの空自三沢基地への配備を、3月上旬以降に開始する方針を明らかにした。詳細な時期は公表していないが、まず1機が米国から同基地に到着し、2022年度に機体の運用を始めるとみられる。自衛隊基地.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録