天鐘(2月25日)

2月は「光の春」とも言われる。朝晩の冷え込みはまだまだ厳しいが、昼間の太陽はキラキラと光って、小さな春の気配を感じさせる頃。そんな心浮き立つ季節をよく表している▼元々、ロシアの言葉だという。長く厳しい冬が終わりに近づき、少しずつ日脚が延びて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録