【新型コロナ】八戸市の病床使用率63% 熊谷市長「危機感持ち対策を」

八戸市内の感染状況が厳しい局面にあるとの認識を示した熊谷雄一市長=24日、八戸市庁
八戸市内の感染状況が厳しい局面にあるとの認識を示した熊谷雄一市長=24日、八戸市庁
八戸市は24日、新型コロナウイルスに対応する市内医療機関の病床使用率が63%になったと明らかにした。政府の分科会が示すレベル分類のうち2番目に深刻な「対策を強化すべきレベル」の目安となる50%を上回っていることから、熊谷雄一市長は同日の臨時.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録