奄美で新種スジエビか 「極めて希少」保全訴え

 鹿児島県・奄美大島南部の嘉徳川で見つかった、新種の可能性が高いスジエビ(池田実教授提供)
 鹿児島県・奄美大島南部の嘉徳川で見つかった、新種の可能性が高いスジエビ(池田実教授提供)
鹿児島県・奄美大島南部の嘉徳川で新種の可能性が高いスジエビが見つかり、東北大大学院の池田実教授が発表した。「極めて希少な集団」で絶滅リスクが高いとし、保全を訴えている。 昨年4月、奄美大島と加計呂麻島の計34の河川で調査したところ、これまで.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録