韓国徴用工訴訟また棄却 時効成立と判断か

【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は23日、韓国人の元徴用工や遺族が三菱重工業と熊谷組に損害賠償を求めた2件の訴えをいずれも棄却した。棄却理由は不明だが、原告側代理人は同種訴訟で時効成立により棄却された例があることから、今回も地裁が時効成立.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録