東電が1号機格納容器調査 福島第1原発、ロボットで

 1号機原子炉格納容器の調査計画
 1号機原子炉格納容器の調査計画
東京電力は12日、福島第1原発1号機で溶融核燃料(デブリ)がある原子炉格納容器内部の調査を始める。廃炉作業で最難関となるデブリ取り出しに向け、デブリやその上に積もっている堆積物の状況を把握する。容器内には汚染水がたまっているため、複数の水中.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録