「一頭でも多く天寿を」 引退馬、余生は養老牧場で

 養老牧場「モマブランチ」で、馬と触れ合う田中香さん=京都府南丹市
 養老牧場「モマブランチ」で、馬と触れ合う田中香さん=京都府南丹市
京都府南丹市に、競馬や乗馬の仕事を引退した馬たちが余生を過ごす「養老牧場」が2020年5月、オープンした。国内で競走馬は年約7千頭生まれ、多くは働けなくなると殺処分される。運営する田中香さん(41)は「使えなくなったら捨てる道具ではない。一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録