Free食べて元気、朝の七草がゆ 食材求めスーパーにぎわい

特設コーナーに並ぶ七草がゆの材料を手に取る買い物客=6日、八戸市のよこまちストア新井田店
特設コーナーに並ぶ七草がゆの材料を手に取る買い物客=6日、八戸市のよこまちストア新井田店

7日は野草を入れたかゆを味わう「七草」。古くから伝わる新春の風物詩で、朝に七草がゆを食べると、一年を元気に過ごせるなどとされる。八戸市内のスーパーでは6日、市民らが家族の健康を願い、食材を買い求めた。

 七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。同市のよこまちストア新井田店では、2日から特設コーナーを設け、食材セットや、手軽に食べられる加工品などを販売する。

 5日ごろから売れ始め、コーナー設置最終日の6日にピークを迎えた。売り場を訪れた同市の40代主婦は「今年も無病息災を願って家族4人で食べたい」と話した。

お気に入り登録