時評(1月4日)

2022年夏に迎える参院選は、国政の帰趨を大きく左右する。昨年秋の衆院選で自民、公明両党は絶対安定多数を確保。政府与党にとって、確固たる政権基盤を確立できるかの試金石となる。 だからこそ、である。岸田内閣が腰を据えて取り組む課題は何なのか。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録